STANCE blog

名古屋市北区のモーターサイクルカスタムショップ

Engine repair....

パンヘッドの修理です。
クランクケースマウントの欠損修復です。なかなかこれだけ無くなっていると直すのもなかなか大変です。
溶接肉盛りして削っていきます。

2017-12-18-09-03-54















































途中の写真を撮り忘れましたが、ワッシャの座面の研磨もして、周りの部分は削って鋳肌も調整して仕上げます。

2017-12-17-17-05-23



































ケースマウントの裏側のフレームとの接地面もマシーン仕上げします。
ここがしっかりしていないとまたケースのクラックなどにつながったりします。


2017-12-17-17-04-33



































ケースの内側はグリプタルを塗って、鋳物の巣穴からのリークを防ぎます。

2017-12-17-19-56-35



































オイルポンプのプレッシャースイッチのネジ山も飛んでいたので修理です。
年式によってテーパーピッチとストレートのピッチがあるので気をつけます。

2017-12-18-14-13-30



































ヘリサート修理などができない場所なので、オーバーサイズで切削して、その後にネジを切ったカラーを入れてロウ付けして、その後にまたマシニングして完成です。  社外のオイルポンプに交換してしまうのが一番楽ですが、ビンテージバイクを愛する人の為に頑張ります。

2017-12-18-15-03-46



































ペイントもしてネジ山も復活してこれでしっかりトルクがかけられます。

2017-12-18-20-37-04



































クランクピンは写真の様に焼きついた跡がありました。勿論、交換します。

2017-12-16-16-28-50



































コンロッドのビックエンドも0.2くらいのクリアランスがありました。
0.2って聞くとそれでダメなのって思う方もいる方もいるかもしれませんが、かなりガタガタです。


2017-12-16-16-58-10





















エンジンオーバーホールと言えども、千差万別で新品部品への交換だけでは100%の状態にならないのがビンテージハーレーです。
また年式や、ネジ一本に至るまでのパーツマッチングなどにおいてもかなりの知識が必要とされると思います。
修理や車両探しでお困りの方は御相談下さい。

FOR SALE LIST
下記は店頭在庫車両ですが、それ以外にも販売車両ございますのでお探しの車両は御問い合わせ下さい。

37EL original base
37EL bobber
37U original  restorasion now
39WLDD  racer style
47EL chopper base
49FL original burgundy
51EL original paint rio blue     
56KH original style
77 shovel head rigid chopper base
02 XL-1200S Sportster

Original stuff
VARD MFG
Alternator cover

  • Posted by stance2011
  • Comment(0)
  • 13:52 | Edit

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



stance web site
Serch
Profile

stance2011

★STANCE★
愛知県名古屋市北区若鶴町36
TEL 052-880-8029
FAX 052-880-8032
MAIL stance@wh.commufa.jp
OPEN 10:00-19:00
CLOSE 水曜日 木曜日
  • ライブドアブログ
STANCE blog