STANCE blog

名古屋市北区のモーターサイクルカスタムショップ

SACS 2017

SPEED AND CUSTOM SHOWに出店して参りました。

光栄な事にアワードまで頂いてしまいました。スタッフや関係者の皆様お疲れ様でした。 

2017-03-26-18-58-26



































HOT BIKE さんにも撮影して頂きました。。。

2017-03-26-16-40-20



































こんなディガーを作ってくれというオーダーは受けませんが変なバイク欲しい方は御相談下さい。w

やっぱりショベルはカスタムすると面白いですね。

linkert

リンカートのオーバーサイズディスクへの加工です。
スロットルバタフライの当たり面が削れて締まりが悪いボディーを結構見かけます。

そんなリンカートの為にOVER SIZEディスクがラインナップされています。
結構精度が求められる場所なので神経使いますが・・。

センター出しした後に掘っていきます。これが大変。

2017-03-23-18-47-43



































削り過ぎるとゴミになりますのでドキドキ半端ないです。
高級リンカートになればなるほどザワザワします・・・。

2017-03-23-19-05-46



































ガソリンが貯めれるくらいの気密性はあります。
実際、これほどの気密性は必要ないですが、シャフト部とバタフライのガタが無くなるとアイドリングの安定感が激変します。
アイドリングを下げると不安定になって止まってしまうバイクなどは意外とこれが原因かも・・・。

2017-03-23-19-20-52




































枯渇

ビンテージパーツなどを探されている方は勿論知っているとおもいますが、増えることは無く減っていくばかりです。
一昔前までは状態の良いUSEDを見つけて組み付けたりしていましたが、最近は状態の悪いものさえ見つかりにくくなってきています。

状態の悪いというと聞こえが悪いですが、しっかり修理すれば勿論使えます。
大切なのはしっかりとした修理ができるかが問題です。
カスタムバイク製作で培った加工技術がレストアにおいてもかなり生かされます。
旋盤や溶接などなど色々ありますが、加工する対象物によって作業方法も見極めなければいけません。
何十年も昔のバイクです。 乗っていれば壊れます。 しっかり治せるかがポイントですね。

割れてしまったタペットブロック

2017-03-07-11-58-43



































肉盛りした後に内径研磨して修正します。

2017-03-07-13-37-55





































2017-03-07-14-09-15






































Thank you for your order!

  • 2017年03月12日

オーダー頂いていた車両も無事見つけることができ、御成約いただきました。

ありがとうございます。2005年の最終に近いキャブMODEL、なかなか低走行の車両も減ってきましたね。

こちらは走行7000キロ代、やはり高年式バイクは走行距離など選ぶのに大切なポイントになりますよね。

多走行車両は意外とベアリングやガスケットやクラッチ、ワイヤーなど消耗品がダメになっていることが多く、買ったあとに修理で嫌な思いをするのは御客様も店側も同じですからね。
消耗品交換の追っかけっこになったら嫌ですから。状態の良い物を選ぶ事をお薦めします。


image



































高年式車両もお探しすることはできますので、お気軽に御問い合わせ下さい。

Thank you sold out!!

  • 2017年03月12日

御問い合わせ何件か頂いていたこちらのShovel RigidはSoldとなりました。

とても気に入っていただけたようで、これから自分色にカスタムを進めていくのも楽しみですね。

スポーツスターから乗り換えの御客様にとっては最初の旧車、きっとここから旧車にドップリと浸かっていくんでしょうね。

DSC_4349

















そんな初めての方のヴィンテージハーレーライフを御手伝い致します。お気軽に御相談下さい。





stance web site
Serch
Profile
★STANCE★
愛知県名古屋市北区若鶴町36
TEL 052-880-8029
FAX 052-880-8032
MAIL stance@wh.commufa.jp
OPEN 10:00-19:00
CLOSE 水曜日 木曜日
  • ライブドアブログ
STANCE blog