STANCE blog

名古屋市北区のモーターサイクルカスタムショップ

vintage parts

三連休も最終日ですね。
皆さん、ツーリングなど行かれて楽しまれているようで羨ましいです。

さてさてナックルのガソリンタンクの凹み修正です。  超レアなビンテージパーツの為、
パテをカチ盛りにして直すような事は勿論いたしません。できる限り凹みを戻してから薄らパテで仕上げます。


2017-07-14-19-20-46



































その為にこの道具で凹み部分を最小限に溶接して引っ張り上げます。熱を加え過ぎると鉄が固くなっちゃって引っ張れないので、引っ張る場所や熱を加える場所を考えながらやらなければいけません。

意外と難しいんですよ。。

2017-07-14-19-24-38



































タンクはさて置き、 色を塗ったリアフェンダーに配線を通していきます。
布巻き配線を通す為に道糸になる仮の配線を通して、この配線で引っ張り配線を通します。

この一本を通すのに30分くらいかかりました・・・。

2017-07-11-15-49-57



































無事、配線も通し終わり、フェンダーに飾りのエンブレムを取り付けしていきます。
これまた超レアな部品なので取り扱いにドキドキします。

2017-07-11-18-35-04



































最近は自分でオークションなどでビンテージパーツを探してくる方も多くなりましたが、状態のなるべく良い物を探すようにして下さい。 特に機能部品などは見た目の雰囲気だけで選ぶとただのゴミになります。

勿論、修正しないといけない場合は修正して使用しますが、修正の手間を考えると状態の良い物を買った方が値段も安いかもしれません。  その判断ができないのであれば、闇雲に部品だけを買うのはやめた方が良いと思います。

SIDE VALVE

最近、サイドバルブブームな私です。

K-MODELいいなぁ・・。  レーシーな感じのWLとかもいいなぁ・・・。

さてさてSand Flats 目指して少しいじり始めましたよ・・。

2017-07-04-12-01-24




































2017-07-04-12-01-17



































エンジンハンガーカッコイイ・・。

2017-07-04-12-01-36

BEETLE PTR

  • 2017年07月08日
  • SALE

オーシャンビートルさんの 

BEETLE PTR ヘルメットが少量ですが、入荷しました。

Bucoのヴィンテージヘルメット“Protector”をBeetle Helmetが現代的なアップデートを交えて復刻、

極太の縁ゴムやフラップの付いた凝った造形のイヤーストラップなど50年代の最初期モデルにしか見られないクラシックなディテールを再現しつつ、帽体は襟足に向けてグッと下がるシルエットが秀逸な60年代のデザインをサンプリング。


アイボリーがMサイズとLサイズ

2017-07-08-11-14-34



































ブラックがMサイズを在庫しています。

2017-07-08-11-14-47




































ビンテージに抵抗がある方はいかがですか?
耳あて部分も取外しができるようになっていて、夏は取り外して使用するのもいいかもしれませんね。

2017-07-08-11-15-02




















数が少ないので欲しい方はお早めにどうぞ。

販売価格: 27,000円(税別)                   

(税込価格: 29,160円)


SHOOTING by ROLLER MAG

  • 2017年07月06日
  • MEDIA

先日、大雨の中で今月末に発売予定のRIPPER MAGAZINEと、来月末発売のROLLER MAGAZINEの撮影をして頂きました。

毎回濃いネタで構成される両雑誌は見所満載です。 現在、ビンテージに乗られている方は勿論、これからビンテージに乗りたいと思っている方は必読です。

毎回撮影時の撮影場所の選定には驚かされます。車両を本当にカッコ良く取ることに努力されているんだなぁと思います。 

満永さんとカメラマンの山田君のコンビも毎回息が合っていて羨ましい限りです。

2017-07-04-15-16-51



































そんなRIPPERは今月末! STANCEはSURVIVER SPORTS CHOPPER を掲載して頂きますのでお見逃しなく。

再生

  • 2017年07月02日
  • PAINT

ボコボコに穴の空いたフェンダー・・・。  何十年も経過しているだけにさすがに色々やられています。
不必要な穴はすべて埋めて鈑金修正しながら成型していきます。

2017-05-30-18-23-45



































先に再生してあるリアセクションと繋げて立て付けを調整。

2017-06-02-12-05-36




































表面に全体的にクレータのような腐食があるのでパテを使って埋めます。
不要なパテはできる限り削り落として薄くします。

image



































今回は当時の塗装を再現する為、下地に赤茶の錆止め塗料を塗ります。
アクリルのウレタンサフェーサーと違い一液なので、肉厚もモチモチせず、旧車の塗装の再生に向いています。


image



































その後、水研ぎをして超本気で純正塗料に合わせて製作した色で塗っていきます。
この時も塗装がこってりしないようになるべく薄く塗装を載せていきます。勿論トップクリアーは載せません。

2017-06-29-19-52-31



































そのあとにマスキングと筆を使って純正と同じようにラインを入れていきます。
軽く艶を落として少しエイジングしてリアフェンダーは完成です。
完成が楽しみです。

2017-06-30-19-07-49



stance web site
Serch
Profile
★STANCE★
愛知県名古屋市北区若鶴町36
TEL 052-880-8029
FAX 052-880-8032
MAIL stance@wh.commufa.jp
OPEN 10:00-19:00
CLOSE 水曜日 木曜日
  • ライブドアブログ
STANCE blog