STANCE blog

名古屋市北区のモーターサイクルカスタムショップ

chrome

メッキにやられてます・・・。

クランクケースメッキしたら、不具合でまくりで・・・  ネジは勿論スタッドは全部入らなくなり、タップやリーマー修正。

2017-10-26-17-02-54



































カムカバーをのせるとメッキムラや溜まりでカムカバーがカタカタ動いて面当たりしないので、面研磨。

2017-10-27-00-06-42















































シリンダーは刺さらなくなるし、シリンダーデッキもメッキでボコボコに・・・

2017-10-26-18-26-18



































デッキ部分の面研磨と内径ボーリングで修正します。  (アンマッチのケースなども同じように作業する事で修正できたりします。)
激しく削るとメッキがパキって割れるので2/100づつくらいを低回転でゆっくり研磨していきました。
時間、めっちゃかかります。

2017-10-28-20-43-18



























大変ですが、勉強になりました。「メッキはあかん」ってね・・。

これで皆さんも簡単にエンジンメッキしてって言えなくなるでしょ。

でもカッコイイけどね。  だけど放熱問題とかもあるのであまりお勧めはしませんよ。w

CHOP!!!

今日もまたCHOPです。。
純正タンクのシルエットを残したまま小さくして欲しいとのオーナーの希望により、高さを前側1cm全長を1.5cm
ほど詰めるという拘わりタンク。容赦なく純正タンクを切り刻むという、世界を敵に回しそうなカスタムですが、オーナー様の自由なので、悪しからず。

2017-10-10-16-28-24



































タンクを解体したついでに、腐食しているキャップの口金も交換して綺麗に直します。こんな時にしか絶対にできないですからねー。

2017-10-10-18-30-22



































内側の溶接を削って。

2017-10-10-18-30-25



































2017-10-10-21-06-10















































上が純正、下が一回り小さくしたタンク。気付いてもらえるのか?? ブーツはWESCO LOVERなので作業中も履いております。 名古屋で欲しい方はこちらへ。

2017-10-10-20-20-00















































これくらい短くなっております。ようやく半分、、溶接の歪をとりながら、鈑金しながら溶接していきます。
なかなか疲れますね・・・。

2017-10-10-21-19-56

chop chop

スプリンガーのエクステンドは良くありますが、伸ばされたフォークを短くする・・・・。

サクっと切ってみたものの、、、パイプがテーパーになっているのでこれだけ合わない・・・。

2017-10-06-15-01-13



































こんくらい合わない・・・。

2017-10-06-14-50-42



































という訳で・・・。パッカーンして。

2017-10-06-16-40-21



































ビビーッと溶接して

2017-10-06-16-56-58



































ナロードしてつじつまを合わせます。 パイプの中にはインナーパイプをいれて溶接して強度をもたせます。
スプリンガーはあと少しで完成かな・・。

2017-10-06-16-26-36



































リアフェンダーもワッセルのビンテージフェンダーを使いたいとの事で・・。しかも幅を広くしたいらし・・。
とりあえず点付けで製作してその後に本溶接していきます。

2017-10-07-14-27-16



































溶接熱でもの凄い歪むので鈑金修正しながら溶接していきます。結構時間かかりますね。やっぱり。  最終的にパテで仕上げますがなるべくパテは少なくしたいですからね。
知らない人だとギュイーンって切ってビーッと溶接しておしまいでしょ??みたいな・・。カスタム屋さんの報われない部分ですかね・・。

と、まぁある程度形にはなりましたが、こういうフェンダー売ってない??笑  まぁオーナーの拘わりという事で・・・。

2017-10-07-16-36-06











































SPROCKET

来週の日曜、月曜は私は店舗にいません。スタッフのみですので御了承下さい。
お客さんが参戦するとの事で、千里浜で行われるサンドレースの観戦に行ってきます。

さてさて、参戦予定のバイクですが、スプロケットを変えようと・・・。部品が出ない・・。う~ん・・・。

作ってみよう・・。  近所の二輪館(国産バイク部品量販店)まで材料のスプロケットを買いに・・。CB1300SF用のスプロケットを購入。
そいつを旋盤でグリグリ。 さすがMADE IN JAPAN。超硬い。刃が速攻で切れなくなる。

2017-09-09-14-22-59



































左が中身をくりぬいたCB1300スーパーフォア用。 右は外身を切り取ったハーレー用(ハーレーのスプロケットはサクサク削れた・・。こんなに違うもんなんですね)

2017-09-09-15-38-30



































こいつを圧入して合体させて、振っていないかをダイヤルゲージで確認して。

2017-09-09-15-40-36




















溶接。。

2017-09-09-16-13-05




















できたよー。レースだけならOKでしょ。  良いオッサンは真似しないでね。

2017-09-09-16-23-09


Leak stop !!

shut off バルブで悩まれている方も多いかと思います。

すり合わせや、タンク上下のアライメント調整をしたけどシャットオフバルブを締めているのに、ポタっポタッてガソリンが漏れてしまう。 又は結構、強い力で締めないとガソリンが落ちてしまう・・。


バイクを停車中にフロートバルブにゴミなどが引っかかってガソリンがダダ漏れ、なんて経験のある方。

そんな人の為に・・・。シャットオフバルブの先端を削り落とし、

2017-09-05-18-23-14




















PEEK材(耐薬品性に優れた材料、気になる人はググって下さい。)と呼ばれる材料で先端にチップを製作。

2017-09-05-18-43-29



































程よい、柔軟性があり、ピタッと密着してガソリンの漏れを防止する事ができます。
純正と同じ角度で切削してあるので、相手側はそのまま使用できます。

2017-09-05-18-46-02




































何かの拍子でチップが抜けてしまってもいっけないので、先端側面に1mmほどの穴を開けて、

2017-09-05-18-49-27



































ステンレスのロールピンを打ち込んで、抜け防止をしておきます。

2017-09-05-18-52-48



































ガソリン漏れでお悩みの方は御相談下さい。
タンクの中に入って見えなくなるので、オリジナル思考の方にも気にならないかと思います。(ガソリン漏れの方が気になりますよね)




stance web site
Serch
Profile
★STANCE★
愛知県名古屋市北区若鶴町36
TEL 052-880-8029
FAX 052-880-8032
MAIL stance@wh.commufa.jp
OPEN 10:00-19:00
CLOSE 水曜日 木曜日
  • ライブドアブログ
STANCE blog