STANCE blog

名古屋市北区のモーターサイクルカスタムショップ

テフロンコーティング

昨今、色々なコーティングがある中で今回はテフロンコーティングを行なってみました。

行ったといっても外注業者様に依頼するわけですが・・・。

テフロンコーティング??何それ?って人もいるかもしれませんが、フライパンのあれです。

焦げ付かない!!ってやつです。目玉焼きがフライパンの上でスルンスルン動くやつです。

そんな感じでピストン君もシリンダーの中でスルンスルン。

2017-10-24-14-29-44




































2017-11-10-19-21-28



































相変わらずメッキメッキでオイルポンプの当たり面もモリモリだったので面研磨。

2017-11-10-12-07-57



































これでオイル漏れも無いはず。

2017-11-10-12-10-20

ネジ山修理・・・

Uモーターのオイルポンプマウントスクリューのネジ穴がガバガバになっていて、液体ガスケットでネジが固定されてごまかされていました。となりのオイルラインの穴と繋がってしまっています。 アメリカの車両には有りがちかな・・・。

ヘリサートで直したいところですが、ここまで穴が変形していると位置出し含め、不可能です。
まぁ、だから液体ガスケットで固定したんでしょうね・・。


2017-10-26-18-34-02



































カムカバを取り付けした状態で正確な位置出しをして、そこにオーバーサイズのネジを切った駒をロックタイトを付けてねじ込んで、そのセンターにまたネジを切り直します。

2017-10-26-20-36-19




















最後に回り止めのロールピンを打ち込んで完成です。 これでオイル穴からのオイル侵入も防げます。
完璧です。

2017-11-01-19-40-35

chrome

メッキにやられてます・・・。

クランクケースメッキしたら、不具合でまくりで・・・  ネジは勿論スタッドは全部入らなくなり、タップやリーマー修正。

2017-10-26-17-02-54



































カムカバーをのせるとメッキムラや溜まりでカムカバーがカタカタ動いて面当たりしないので、面研磨。

2017-10-27-00-06-42















































シリンダーは刺さらなくなるし、シリンダーデッキもメッキでボコボコに・・・

2017-10-26-18-26-18



































デッキ部分の面研磨と内径ボーリングで修正します。  (アンマッチのケースなども同じように作業する事で修正できたりします。)
激しく削るとメッキがパキって割れるので2/100づつくらいを低回転でゆっくり研磨していきました。
時間、めっちゃかかります。

2017-10-28-20-43-18



























大変ですが、勉強になりました。「メッキはあかん」ってね・・。

これで皆さんも簡単にエンジンメッキしてって言えなくなるでしょ。

でもカッコイイけどね。  だけど放熱問題とかもあるのであまりお勧めはしませんよ。w

Leak stop !!

shut off バルブで悩まれている方も多いかと思います。

すり合わせや、タンク上下のアライメント調整をしたけどシャットオフバルブを締めているのに、ポタっポタッてガソリンが漏れてしまう。 又は結構、強い力で締めないとガソリンが落ちてしまう・・。


バイクを停車中にフロートバルブにゴミなどが引っかかってガソリンがダダ漏れ、なんて経験のある方。

そんな人の為に・・・。シャットオフバルブの先端を削り落とし、

2017-09-05-18-23-14




















PEEK材(耐薬品性に優れた材料、気になる人はググって下さい。)と呼ばれる材料で先端にチップを製作。

2017-09-05-18-43-29



































程よい、柔軟性があり、ピタッと密着してガソリンの漏れを防止する事ができます。
純正と同じ角度で切削してあるので、相手側はそのまま使用できます。

2017-09-05-18-46-02




































何かの拍子でチップが抜けてしまってもいっけないので、先端側面に1mmほどの穴を開けて、

2017-09-05-18-49-27



































ステンレスのロールピンを打ち込んで、抜け防止をしておきます。

2017-09-05-18-52-48



































ガソリン漏れでお悩みの方は御相談下さい。
タンクの中に入って見えなくなるので、オリジナル思考の方にも気にならないかと思います。(ガソリン漏れの方が気になりますよね)

ブレーキレバー・・

1930年代のブレーキレバー・・
ネジが中折れしてたり

2017-08-10-15-23-52




































2017-08-10-15-23-56



































2017-08-10-15-24-06



































ボルトを溶接して抜き取ります。

2017-08-10-15-32-01



































逆回転ドリルで抜き取ります。

2017-08-10-15-37-22




































下準備ができました。

2017-08-10-15-38-32




































ロッドショーに目掛けて下準備・・・ポリッシュ完了したのでここからクロームをかけます。アメリカに送ろうかな・・・

2017-08-12-16-36-10



























ブルーの47.48が並んだので写真を撮ってみました。

2017-08-12-17-08-53


























そんな彼とK君は本日お店のベンチを塗ってくれました。

2017-08-12-21-19-53



































新品のように蘇りました。ありがとうございます。

2017-08-12-21-20-02







stance web site
Serch
Profile
★STANCE★
愛知県名古屋市北区若鶴町36
TEL 052-880-8029
FAX 052-880-8032
MAIL stance@wh.commufa.jp
OPEN 10:00-19:00
CLOSE 水曜日 木曜日
  • ライブドアブログ
STANCE blog